<スポンサードリンク>

2009年09月15日

食べ応えのある2品、蓮根とえびの揚げもの&回鍋肉

090915.gif

今朝の体重は52.5kg、昨日より+0.1kgです。初日からの累計は-8.0kgです。

2009915.jpg

2009915.satumaage.jpg

2009915.hoiko-ro-.jpg

2009915.su-pu.jpg

今日の献立は、雑穀玄米ごはん・すりおろし蓮根とえびの揚げもの・回鍋肉・豆腐とわかめのスープです。
     鍋はステンレスの多重構造鍋を使用しています。
      (ご飯は圧力鍋を使用しています。)
 
雑穀玄米ごはん
◆材 料◆
玄米-2カップ 黒米-大さじ1 もちきび-小さじ1 アマランサス-小さじ1 ひえ-小さじ1 
もちあわ-小さじ1 キヌア-小さじ1 水-3カップ

すりおろし蓮根とえびの揚げもの
◆材 料◆
蓮根-250g えび-9尾 椎茸-2枚 卵白-1/2個 小麦粉-大さじ4 片栗粉-大さじ1 塩-小さじ1弱 
つゆの素-小さじ2 
◆作り方◆
@蓮根は皮をむき、フードプロセッサーですりおろす(汁気が多い場合は軽くしぼる)。
A@に残りの材料をすべて加え、えびと椎茸が粗みじんになるまで混ぜ合わせる。
BAをスプーンで160℃に熱した油に、Aをスプーンで落とし、表面がきつね色になるまでじっくり揚げる。

回鍋肉
◆材 料◆
おから蒟蒻-75g にんにく-1片 キャベツ-3〜4枚 ピーマン、白ねぎ、人参、もやし等-適量 
豆板醤-小さじ1 A【甜面醤-大さじ1 酒-大さじ1 醤油-大さじ1 砂糖-小さじ1/2】 サラダ油-適量 
◆作り方◆
@にんにくはみじん切りにする。野菜は食べやすい大きさに切る。
Aおから蒟蒻は短冊切りにし、片栗粉をまぶして180℃の油できつね色になるまで揚げる。。
B熱した鍋に油を入れ、にんにく、豆板醤を入れ、次に、野菜を入れる。C野菜に火が通ったら、
 AとAの調味料を入れ、混ぜ合わせてでき上がり。

 【夫からレシピの感想】
すりおろし蓮根とえびの揚げものは、なかなかうまいです。蓮根はすこし粗めに刻んでしゃくしゃくした歯ごたえを残した方がいいでしょう。
回鍋肉はおからこんにゃくを肉に見立てて、これも食べ応えのある惣菜です。野菜中心のマクロビは飽きてくるのと、物足りなさを正直感じるのですが、今日は食べ応えがある2品でした。






posted by ラピスラズリ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
我が家の献立に頼りになるクックパッド
マクロビオティック望診法とは何か・山村塾
カンタン操作ならカシオ楽一
料理・レシピ写真を撮る All About
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。